YAYOI THEATRE MOVEMENT Society

Blog

Our new project

2016/9/21

blog

YTM will be producing a  new stage  project about the life and times of the woman who started Kabuki. Although Kabuki is now a male dance form in Japan, a female, Okuni, is recognized as founder. Okuni started as a Miko dancer (Shrine dancer) later studying other dance forms. As her popularity grew she was also known to wear a cross and Portuguese influenced costumes, very unique and daring for the early 1600’s.

A time of changing era’s in Japan from  Toyotomi to Tokugawa,  the capital had shifted from Kyoto to Tokyo. Okuni was very popular in Kyoto, but had also been invited to dance in Tokugawa’s Edo castle.

Around 1615, she disappeared with no exact historical record of any details.

One historical fact gives a bit of a clue. In 1614, a famous Daimyo Ukon Takayama was banished from Japan and sent to Manila with his followers, because he was a Christian.

Is there any connection?

It is worth noting that female Kabuki was banned by the government in 1629 followed by a ban for young men in 1652. In 1653, the government allowed only adult men to perform; to this day only males are officially performing  Kabuki.

The show will be on Granville Island at Studio 1398 from March 1st to 10th 2017.

 

来年3月に予定している公演は、「お国歌舞伎ー1600」~歌舞伎の誕生 です。

この公演は、歌舞伎の創始者である、出雲のお国を取り上げています。お国が活躍したのは、豊臣から徳川に移行する時代から、徳川の初期です。出雲大社の巫女だったお国が、京都に出てきて、巫女舞から独自の踊りで一世風靡する。どんな人生だったのでしょうか?その頃、人気が出てきていた、ポルトガルの衣装を着けて、キリスト教の十字架を付けて舞っていた、という版画が残っています。

江戸初期の京都の生活はどんなものだったのか、お国が何故、一世風靡したのか。どんな踊りを踊っていたのか、そして、1615年に突然、歴史から消えてしまったのは、何故なのか。

ちなみに、1614年にキリシタン大名として有名な、高山右近が仲間と共に国を追われ、マニラに追放されます。

また、女歌舞伎は、1629年に禁止され、若衆歌舞伎は1652年に禁止。野郎歌舞伎として、男性だけで演じられる現在の歌舞伎のスタイルが確立したのは、1653年でした。

 

公演は、グランビル・アイランドのスタジオ1398で、3月1日から10日まで。詳細はまた!